ブリティッシュトラッド柄に挑戦しよう:その③

今回ご紹介したいブリティッシュトラッド柄はこちら。

グレンチェックと呼ばれるものです。千鳥格子や細いストライプなど4種類の柄の四角形を交互に配し、大きな格子を構成したものである。写真のように正方形のものから長方形のものなど大きな格子の幅は広い。

なお、グレンチェックはスコットランドの生産地の名前をとってグレナカートチェックとも呼ばれている。

また、このグレンチェックの中に、青い格子を配したものを特別にプリンスオブウェールズともいわれます。これは、イギリス王エドワード7世が皇太子時代にこの柄を好んだことからそういわれております。

ちなみに、当店のマネキンもプリンスオブウェールズです。

 


いかがでしょうか。

グレンチェックやプリンスオブウェールズの3つ揃えとなるといかにもクラシックな英国紳士という感じがしますね。

個人的にも好きな柄なので着たりもしますが、グレンチェックこそ、その人の深みを最大限引き出してくれる柄ですので、若い人より、40代をこえた人の方がよりしっくりくると思っています。

渋みのある格好がお好みの方にこそ選んでいただきたい柄ですね。